万年こたつパート2

諸事情により前のブログからお引越し。ドメインはツーリングブログを作りたかった頃の名残。

新生活本番。当面の目標は二人とも上機嫌で過ごすこと。

平成から令和に変わる10連休中GWが終わりました。

 

連休中は仕事もありましたが、引越&入籍という一大イベントがありドタバタしててあっというまに過ぎて日常に。

 

GW中は少なくとも片方は休みだったので、食事や掃除も時間がある方が率先してやったり一緒に買い物行ったりと余裕のある生活ができていました。

 

なので新婚生活の本当の始まりはここからだと思ってます。

 

 

生活リズムの違う2人が一緒に暮らす

結婚して一緒に暮らし始めて一番の不安は生活リズムの違いをどこまですりあわせるかです。

 

今まではひとりで生活してて、その空いた時間を2人で過ごす時間に充ててきました。

 

でもこれからはずっといます。

 

僕と嫁さんは2人とも働いていて、当たり前ですが勤務先も勤務時間も勤務先も全部違います。

 

今までのリズムでお互いが生活しようとすると家事をする時間や順番などで相手への不満がたまっていく気がします。

 

片方が寝てる間に出勤するみたいな生活のすれ違いもなるべく避けたいところ。

 

相手に頼らない

新生活で喧嘩ばっかりになったらどうしようって悩んでたときに買った、わさぐちけいすけさんの「妻は他人」というエッセイ集がとても参考になりました。

 

 

自分の家族や好きな人との仲良くやってく秘訣。妻と喧嘩せず仲良くやっているさわぐちさん流の物事の考え方や人との距離の取り方が書かれています。

 

真似したいと思う考え方がたくさんあるのですが、特に一緒に生活するうえで頭においておきたいのがこれです。「妻は他人」だということ。

 

 

やっぱり結婚すると「妻だから」「夫だから」と思ってしまうことがあります。すでにやってくれるのが当然みたいに思ってしまうところもあります。

 

一人暮らしをしてると思って家事は全部自分でやるつもりでいる。やってくれたらちゃんと感謝する。

 

を意識したいです。

 

他にも好きなことじゃなくて嫌なことを共有するとかいろんなエピソードがあってためになる気がする。一緒に住むとこういうトラブルはきっとあるよねっていう。

 

今のところ3巻まで出てますがどこから読んでもいけるのでおすすめです。

 

互いに上機嫌でいることを目標とする

決してご機嫌をとる訳ではありません。

 

このまえ読んだ没頭力で幸せの定義のひとつとして「朝ワクワクして目が覚めて、夜は満ち足りて眠る」と書かれていました。

 

その中に上機嫌でいるように努めるとも。

 

なので僕も嫁さんも上機嫌でいれるように生活を考えていきたいと思います。

 

今僕が大切だなって思ってるのは

 

・会話を多くすること

・常に部屋を清潔にしておくこと

・お金の心配を減らすこと

 

の3つ。

 

会話が少ないとすれ違いになるし、なるべく違うことをしてても一緒の空間いて話をする。

 

家が汚いとイライラが募るからこまめに掃除をする。それもなるだけ頼らずに自分でやる。

 

夫婦間のトラブルはお金のトラブルが多いらしいのでお金の勉強をして豊かになる。

 

を意識して生活していきます。

 

ずっと仲良くやってきたいよね。ほんま。