万年こたつパート2

諸事情により前のブログからお引越し。ドメインはツーリングブログを作りたかった頃の名残。

【漫画】『スピリットサークル/水上悟志』感想。生まれ変わるたびに殺し合う2人。二人の因縁の先にあるものは?【全6巻完結済】

 

生まれ変わりって信じますか。

 

前世の記憶が残っていたり、時代を超えて巡り合ったり

 

私自身はそういったオカルトはあんまりなんですが、今回紹介する漫画は輪廻転生をテーマにした作品「スピリットサークル」です。

 

 

 

 

『スピリットサークル』のあらすじ

「過去生(前世)を追体験しながら殺し合いの連鎖の原因を探る物語」です。

 

 

転校してきた鉱子から「殺す」と宣告された風太。

鉱子が言うには、風太ははるか昔に大罪を犯したフルトゥナの生まれ変わりなのだという。

しかしこれまで普通に生きてきた風太には何のことかさっぱりわかりません。風太に自分の罪を思い出させるために、鉱子は過去生を見ることができるスピリットサークルを使う。

スピリットサークルによって前世の自分の一生を追体験する風太。そこには鉱子の姿もあった。

風太が前世で犯した罪とは何なのか?殺し合いの連鎖は今回も続いてしまうのか?

現在・過去・未来が交錯する輪廻転生ファンタジー!

 

 

 

生まれ変わるたびに殺しあう運命の二人

f:id:Ftype:20180811154356j:plain

「スピリットサークル」第1巻

 

生まれ変わりや前世の記憶って信じますか?

 

 風太と鉱子は初対面。

 

でも鉱子は一方的に風太のことを知っています。いや、風太に生まれ変わる前の存在:

フルトゥナのことを知っていて、自分がフルトゥナを殺すために生きてきた戦士:コーコだったことを知っています。

 

鉱子いわく、「フルトゥナが罪を犯したときにコーコと縁ができた。この縁は死んでも切れず、生まれ変わってもなお続くもの」とのこと。

 

どの時代であっても二人は巡り合うたびに互いを憎みあって殺しあってきたのだと。

 

風太はスピリットサークルを使ってその自分の過去生(前世)を追体験します。

 

風太がどんな立場の人間で、どんな立場の鉱子に会って、どんなふうに殺し合いに発展してしまうのか…。

 

 

縁は生まれ変わっても続く

輪廻転生しても殺し合いの道しか辿れない2人ですが、

 

人の縁はマイナスの要素だけではありません。

 

仲の良い友人は、別の過去生でも仲良くなります。

 

今仲良くしてる友達や良好な関係を持った肉親は、前世でもそういった関係なのです。

 

だからこそあった瞬間から気が合うし、昔から知り合いだったみたいに感じます。

 

親友は生まれ変わっても親友。そういうのっていいですよね。

 

 

 

絡み合う過去生の物語

スピリットサークルでは、風太の前世それぞれの人生で話が完結しているのですが、 物語後半から、それぞれの過去生がつながっていきます。

 

ある過去生でのできごとが、別の過去生の話で関わってきます。

 

ひとつの作品なのに、物語がクロスオーバーする感覚が味わえるのが面白い。

 

 

 

フルトゥナの犯した罪とは?

f:id:Ftype:20180811154409j:plain

「スピリットサークル」第2巻

 

そしてこの作品の最大の肝となる謎。

 

鉱子はなぜあれほどフルトゥナを憎むのか。彼が生前しでかした罪とはなんなのか。

 

いろんな過去生を見つつ徐々に明かされていくフルトゥナの謎にわくわくします。

 

 

人の死とは何か?ラファルの世界の問答が深い

f:id:Ftype:20180817164622j:plain

「スピリットサークル」第4巻

 

この物語では主人公の風太は7つの過去生を体験します。

 

ラファルもその中の一人です。

 

いつの時代のどんな人生だったかは漫画を読んでほしいので書きませんが、ラファルの人生は「生と死」について考えるものでした。

 

この世界では脳さえ生きていれば機械で永遠に夢を見ていられます。

 

どこまでが生きていて、どこまでが死なのか。

 

めっちゃ深い話で好きです。

 

おわりに

「惑星のさみだれ」がめっちゃ面白かったのでこのスピリットサークルも買いましたが、こちらもすごく面白かった。

 

話の内容はこっちのが好みです。

 

物語がどんどんつながっていく感覚が面白い!

 

 

同じ作者の「惑星のさみだれ」も超面白いのでお勧めです! 

www.30-bikelife.com