#ブルーロック 1巻感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

単刀直入に言おう

日本サッカーが世界一になるために必要なのはただひとつ…

革命的なストライカーの誕生です

俺はここにいる300人の中から世界一のストライカーを創る実験をする

見ろ これがそのための施設…

青い監獄(ブルーロック)

第1話 夢

革命的なストライカーはもれなく稀代のエゴイストである

日本のサッカーの組織力はすごい。でもそこからさらに上のレベルに行くには、絶対的なストライカーが必要だ。

だから前途有望な300人のFWの中から299人を蹴散らしてトップに登り詰めるFWを育成する

サッカーのFWというポジションだけに焦点を当てた漫画です。

脱落したら一生サッカーの日本代表になる資格を失う極限状態でのサバイバル。

下から2番目の実力しかありませんが、時折覗かせるエゴイズムがゾクッとなる。

面白い。

確かにチームスポーツは協調性も大事だけど、点をとるには「俺に集めろ」っていう存在感のある選手が必要ですよね。

技術はあとからでも身に着けれるけど、エゴイズムは持って生まれたもの。

今後どんな試練があるのか楽しみです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました